プキ日記

ごあいさつ

いよいよ6月ひっそり再開しましたよ!

さてさて皆さん、コロナも徐々に落ち着いて来た中いかがお過ごしでしょうか。

プキの家はコロナウイルス感染拡大防止のため4月7日から自主休業を続けて来ましたが、沖縄県と宮古島市が県外からの渡航自粛要請を6月1日に解除する方針を示したため、それに合わせて一応本日ひっそりと再開を宣言する運びとなりました。東京、神奈川、埼玉、千葉、福岡、北海道の6都道県からお越しの方は、解除となる6月19日より受け入れ再開します。プキの家版コロナ対策については、後ほどホームページに掲載するのでそちらをご覧くださいませ。

とまあひっそりと再開の表明をしたわけですが、なぜにひっそりってそれはもちろん全然予約入ってないからで、飲食店や小売店みたいに 今日はどれだけお客さん来てくれるかな!?なんてドキドキもワクワクも存在しないわけで、再開の宣言をした今日もまた庭仕事の一日が始まるわけで。

なので今日も気合い入れてなんとか砂利の入れ替え作業を今日中に終わらせたいなと頑張っていたんだけど、お昼までは順調に進めていたんだけど、またしても午後から猛烈な雷雨に襲われて、昨日はなんとか夕方5時頃まで作業できたけど、今日はまだ3時にもなってないのに・・・

ダメだこりゃ!

慌てて最低限の道具を片付けて、バケツひっくり返したような土砂降りとピカピカゴロゴロ鳴り響く雷鳴にビビりながら、だけど気になる排水見てみたら バッチリ機能してるじゃない!って嬉しく思いつつひとまずシャワー浴びてサッパリしましょうか。

サッパリしたらより一層に雨がとんでもないことになっていて、これはまさかと大雨の時に池状態になる裏手の方を窓越しに見てみると、ダメだこりゃ~!!って・・・

完全に氾濫しちゃってます!

もちろんこういうことを想定して高めに立ち上がり部分を作ったんだけど、僕の想定を遙かに超えて濁流が乗り越えじゃんじゃん入って来ちゃってます。でも車が通るからこれ以上段差をつけるわけにもいかないし、ちょっとまた改めて対応考えなきゃなと思いつつ、対応なんて出来るもんかいなとも思いつつ。

そんなわけで残りの時間でインドアな作業を色々と、そうそうニス塗りしていた客室ドアも塗り終えてたのでね、ドアの取っ手とかパーツ取り付け元の場所へと設置しましたよ。スペースの都合でまだ3枚中の2枚しか塗れてないからまたあと1枚やらなきゃだけどね。

今日も大雨に翻弄された一日になったけど、一応記念すべきプキの家ひっそり再開の日なのでね、二人と一匹ひっそりと・・・

再開祝してプチ祝い!

この日のために取っておいたノアちゃんファミリーからのプレモルだったり、マミちゃんからの美味しい日本酒だったり飲みながら楽しむ夜となりました。

本当の再開はまだしばらく先になりそうだけど、コロナ対策の準備もまだまだ間に合ってないし駐車場も間口広がったはいいけど砂利の山で入れもしない状態だし、変わらず明日からも頑張って万全の態勢でみんなを迎える準備を進めて行かなきゃと思いながら、あまりのハードワークに疲れ切って知らぬ間に倒れてタプーちゃんに顔ペロペロされてたそうな。

まだ恐る恐るな感じもあるだろうけど、良かったら一番乗り狙って・・・

みんなどうぞ遊びにいらっしゃい!

プキの家より大切なお知らせです

皆さんこんにちは、いかがお過ごしでしょうか。

コロナウイルスの影響で、皆さんどんな状況に置かれているのか心配に思いながら過ごす日々です。ついに緊急事態宣言が発令され、その流れで沖縄本島も宮古島も観光の自粛を呼びかけるそんな事態となっていて、例年とは全く違う静まり返った島の姿があります。

そんな中プキの家もどういった対応を取るべきか考えに考えて、やはり島の医療体制を思えば感染者が出た時点で即医療崩壊につながるそんな状況でもありますし、ゲスト同士で感染の恐れもぬぐい切れない状況でもあるので、GW終了まで自主的に営業休止するという決断をしました。昨日の時点でGWまで予約してくださってるゲストさんに連絡を入れ、まだお返事待ちの方もいらっしゃいますが今の時点で全ての方から了承を得ることが出来ています。ここから先自分達の暮らしがどうなってしまうのか不安もありますが、みんなを笑顔にそして楽しい旅を応援することが使命のプキの家が、今の状況ではそれが出来ないので休止も止む無しと判断しました。

と、ここまで真面目にお伝えしてきましたが、ホントにこれどうなっちゃうの~!?って感じ。だけど弱音を吐いちゃいられない、いつか来る終わりの時を信じてかつてない困難を乗り切るのみであります。ここまで毎日のように 行きたかったよ~!って、ギリギリまで悩んだんだけど・・・ってプキの家ファンからの電話にメールに答え続ける日々だったけど、ここから先は気持ち切り替え前を見ていかねばです。

誰もがみんな不安もストレスも多い日々かとは思うけど、互いに健康第一で我慢の日々を耐え抜きましょう。今日も綺麗な夕日が沈んでいったけど・・・

いつかまたみんなで見られる日が来ますように!

日記も毎日書くのは無理かもだけど、日々のちょっとしたお楽しみって思いで見てくれてるプキの家ファンのためにも、頑張って書いていきますからどうぞお楽しみに。

コロナなんかに負けないぞ~!!

ついに完成しましたよ!

プキの家ファンの皆さん並びにホームページや日記をご覧の皆さまこんにちは。

日々チェックしてる人はもうお気付きかもしれませんが、秘密の計画として進めて来たものがついに完成いたしましたのでご報告をというわけで、今日はひとつ重大発表がありまして・・・

ホームページが新しくなったよ!

NEWプキの家に移ったときに今のを作ったから7年ぶりの全面リニューアルとなりましたが、1年以上かけて作り上げたホームページはより一層に「プキの家ってこんな宿」ってのが伝わるものになったかなと思っています。

今回のホームページの制作にあたっては、っていうか今までのもそうだったんだけど、誰より何よりお世話になったトシヤくんをはじめ、プキの家へのメッセージや写真撮影に協力してくれたプキの家ファンのみんなに心から感謝の気持ちでいっぱいです。

それからホームページのリニューアルに合わせてブログの方もタイトルを変更しまして、今まで「島人の生活第三章」としておりましたが、これは僕らの島暮らしを中心とした第一章奄美大島編、第二章宮古島編、そして第三章がプキの家編ということだったんだけど、もうすっかりプキの家の日記って感じになっていたのでこれを機にそのまんまストレートに「プキ日記」と名付けることとしましたよ。

ここから始まる新たな出会いも新しくなったホームページやプキ日記を通しての縁となるから、完成まで色んな苦労はあったけど頑張った甲斐があったなあと、沢山の人達の支えがあってここまで来れたなあと、本当に本当に嬉しく思ってます。というわけで色々変わったけど中身はなんら変わらぬプキの家なので、今後とも変わらずよろしくお願いします。

みんなみんなありがとね~!

13年目に突入ですよ!

皆さまおはようございます。今日は何の日か知ってますかい!?

そう、そうなんです本日めでたくプキの家は12周年を迎え、13年目に突入することとなりました。毎年必ず訪れるけどやっぱり感慨深いものがあるなあと思いながら、いや毎年必ず訪れると思ってるのが間違ってるのかもしれないと、プキの家大好きなみんなのおかげで今日も明日も明後日もこうやって楽しく過ごせるんだなあと感謝の気持ちを胸にこれからも頑張っていきますので、皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします。

気持ちいいスタート切れました!

って爽やかな気持ちでスタート切った朝でありますが現実はなかなかそうもいかないもので、ヒカルくんファミリー今日はアキヒロさんサキコさんがダイビングだからいつもより早い朝となり、昨夜も遅くまで起きてたしまだ子供達全然お目覚めじゃなくて、写真でお分かりいただけますでしょうか・・・

ボケボケ三兄弟!

アオバくんアズキちゃんは目も開かぬままにモグモグと口だけ動かしていて、ヒカルくんはそのまま床にゴロンと転がっていて、シンちゃんだけはすでにプキマウンテンで遊んだ後でスッキリお目覚め元気すぎてパンを手に走り回ってます。

おしゃべり楽しみのんびりと朝食タイムを過ごしたら、さあ集合の時間に間に合わないよとバタバタ準備してヒカルくん達早くも出発だから、ここでお別れとなるのでのんびり準備してたシンちゃんファミリー慌ててお外に出たら、車に乗り込み出発の一家を・・・

みんなでお見送り!

その後は荷物まとめたら準備万端 ちょっとお散歩してきますね!ってシンちゃん海に行きたいってことでプキビーチまで、もうこの時間だとタプーちゃんは暑くて無理だねと見送ったら、帰ってきていよいよ出発お別れの時。

最後にプキマウンテンで写真撮ってください!って快晴の空バックに家族並んだ笑顔の写真撮ってあげるといいのが撮れてると大喜びで 今年こそ送りますね!ってこれ年賀状写真にしようって、プキの家にも送るからねって。

ではみんなで看板に並んだら・・・

帰りたくない空の色!

最後にタプーちゃんナデナデしたら それじゃあシンちゃん行こか!って僕が手を引き歩き始めると、12時のフライトまでに空港着くかなあ!?って言いながら手を引き歩き始めると、そのまま素直にテクテク歩くシンちゃんに さすが関西人やなあ!って我が子ながら大したもんやノリがいいと嬉しそうな父でありました。

それじゃあまた来年ね!って笑顔で手を振り出発の一家を見送ったら、さあさあ僕らも準備して出発しなければ。と思って連絡したら まだ出来てなくて・・・ってことなので仕上がったら連絡くださいなということでメグミさんだけ買い出しに出掛け、そして夕方レンタカーが到着お出迎えのタプーちゃんに笑顔のお二人さんは、初めての宮古をのんびり楽しもうとやって来たヨシコさんキョウコさん可愛いしお利口さんだね!って二人のところを順番に挨拶して回るタプーちゃんをナデナデしながらおしゃべり楽しんで、そしたらヒカルくんファミリーが帰って来たから子供達順番に照れながらもご挨拶。

ではではタプーちゃんを先頭にご案内を・・・

琉球畳のお部屋ですよ!

そしてアキヒロさんとサキコさんも入ってきたらご対面、そしたら ヒロユキさんこれどうぞ!って一瞬何のことだか分からなかったけど そうかそうだねありがとう!って。

もう結構な時間なのでお散歩また明日だねって、みんな順番にシャワー浴びたり片付けしたりのんびりしたり、その間に夕飯の仕上げを頑張ったら、今夜が最後の夜だから一家を代表してママから乾杯の挨拶をって振ったら一言 カンパイ!って言うのでハイやり直しねと、そんなわけで2回目はバッチリのコメント言えましたので・・・

今度こそみんなで乾杯を!

いやはやあんまり言われると照れちゃうよねと、言わせておきながらそんなこと言ったりしてますが、パチンと手を合わせたらみんな揃っていただきます。熱々トロトロのはアオバくん気に入りすぎてそればっかり食べてるし、これは何だろう!?って言いながら興味津々食べてるものもあったりみんなで食事とお酒を楽しみながら、だけどみんな難しい顔してるのはヨシコさんキョウコさんの職業当てクイズで全然答えに辿り着けないから。

これはもう無理と頭の一文字言ってもらったりしてなんとか正解に辿り着いたらアキヒロさんと共に気持ちよくおかわりの乾杯して、キョウコさん僕らだけゴメンね!って飲みたいけど飲めないんですって人の目の前でこれ見よがしにガチャンとやったりしちゃってます。

そんな夜はちょっと早めにごちそうさましたら子供達が寝ちゃう前にやっちゃいましょうというわけで、とっておきのものが冷蔵庫から登場したら、箱から取り出しロウソク立てて・・・

どうもどうもありがとう!

というわけで13年目突入のプキの家を祝おうとヒカルくんファミリーがケーキ買って来てくれて、ロウソクに火がついたらお部屋の灯り消してメグミさんと二人でフーッと火を消すシーンをみんなカメラ構えてパシャパシャやって、その後拍手喝采 おめでとう!って。

ありがとうって言いながらみんなでケーキ食べてさらにはチーズケーキも切って、さらにはお二人さんからのお土産も登場どれも美味しいねって食べたらその後は、月は明るいけど星空見てみようってみんな揃ってお外に出ると、確かに明るいではあるけれど・・・

結構流れたよね!

プキマウンテンに転がり波音BGMに星空眺めては、のんびりな時間楽しみにやって来たお二人さんとっても嬉しそうに こんな星空初めて見ました!って言うからそれは良かったと、だけど月が沈んだ後見たらもっともっと綺麗だよ!って、夜中に起きて見てみたらいいよって。

そんなわけで13年目に突入プキの家は、みんなに祝ってもらって気持ちよくスタート切ることが出来ました。

みんなみんなありがとね!

10周年ですプキの家!

~プキの家を愛する皆さまへ~

本日8月1日、プキの家はめでたく誕生10周年を迎えることができました。あの日から10年あっという間な気もするし長い長い道のりだったような気もするし、とにかく全力で駆け抜けた10年だったなあというのが素直な今の気持ちです。これまで本当にたくさんの出会いがあって、たくさんの人達に支えられ、たくさんの想い出共有出来る仲間がいてくれて、僕らは本当に幸せだなあ恵まれてるなあと感じながらみんなの期待に応えようと頑張ってきたプキの家です。

みんなみんなありがとう!今までも今もそしてこれからもプキの家を立ち上げたあの日と変わらぬ思いで頑張っていきますので、感謝の気持ちを胸に頑張っていきますのでどうぞよろしくです。

というわけでまた新たな1日が始まりました。そんな朝はみんな宣言通りタプーちゃんのお散歩タイムに起きてきて、ひとりタケシさんだけ起きてこないけどこちらも宣言通りなので問題なし。鏡のように穏やかな海に朝からチャプチャプしたり水切りしたり楽しんで、今日もいい1日になりそうだねと帰ってきたらみんな揃って朝食タイム。のんびり過ぎるくらいにのんびりおしゃべり楽しみながら朝の時間を過ごしたら、残念ながら今日は空いてないからナオコさん達とはここでお別れになるので荷物まとめて準備して、では早くもお別れ最後は看板の前に並んだら・・・

最高の天気を楽しもう!

まだまだ宮古楽しんでねって声掛け出発するみんなを見送ったら、さあ僕らもバタバタ準備して張り切っていきますよハルトファミリーと観光ガイドに。

本日のリクエストはいつものマンゴー買いたいってのと伊良部島に行きたいってのとシュノーケルしたいってのと、それからケイコさん日陰がいいな!って言うもんだから、出発していきなり倉庫の影でブレーキ掛けて ここで夕方まで・・・って言ったら怒られて、そうじゃないんだと走り出したら こっち側日射しがキツイ!ってどちらのお嬢様ですかって。

お目当てのマンゴーではなく超貴重なマンゴーゲットしたら買ったのと同じくらいにお土産もらっちゃってニコニコ笑顔、その後はこちら甘いだけじゃあバランス悪いと、酸っぱい酸っぱいのを・・・

収穫体験楽しいね!

最初は早く海行こうよって言ってたのハルトくんも、気が付けば こっちにもあった!って嬉しそうに楽しんでます。

そこからはさっきハルトくん助手席のドア開けるときガードレールにぶつけて 傷ついちゃったよ!って僕に言われてたのが、今はガシャガシャ車のボディー擦りながら道なき道を進んでるから 傷つけてもいいんだ!ってそれはそれこれはこれだからって。

ではそろそろ海に行ってあげねばとちょっと逆戻りになるけど車走らせたら、今度はこっち!?って日射しがキツイから途中で座り位置反対にしたのに逆向きに走ってまた日が当たるってお嬢様が仰るが気にしない聞こえない。だけども大丈夫、海に来たら足チャプチャプして気持ちいいって、そしてもちろん・・・

岩陰も用意してますから!

そこからはまた車走らせるんだけどボディーが焼けてなかなかエアコン効かないから、ならばとサトウキビ畑に水撒くスプリンクラーのシャワー浴びてクールダウンして、ではでは行っちゃいますか伊良部島へ。

橋からの景色を楽しみつつ 何年ぶりだろうね!?ってくらいに久々の伊良部島に上陸したら、もう泳ぎたくてしかたないハルトくんなのでまずはランチをとカツオ丼をテイクアウトして、もちろん食べる場所は景色のいい場所で、もちろん食べる場所は・・・

日陰に決まっているじゃない!

朝ご飯は足りないっていうくらいだったのに気まぐれハルトくんは 全然お腹空かない!ってベンチに寝転がってるけれど、みんなが食べはじめたら僕も食べるって結局普通に食べてるし、逆にケイコさんは 食べきれんわ!って残りをタケシさんに手渡すも ご飯しか残ってないじゃん!ってそれはあまりにかわいそう。

後半戦はお待ちかねのシュノーケルだよということで車走らせ向かうんだけど、途中であまりに綺麗な海が広がってるから思わず見とれたり写真撮ったり楽しんで、だけどテトラポットで足場が悪いから降りれないねって言うもんだから、せめて下からの写真だけでもと僕がひとりパパッと降りたら・・・

青空バックに!

ではではお待たせ今度こそシュノーケルを、お手軽にお魚見れるようにとポイント決めてやって来たら思った以上に人が多くて 宮古でこんなの初めてだわ!って言うくらい。その中に知った顔を発見ノリタカさんナオコさん達じゃあないですか。ちょうど海から上がるところでギリギリ遭遇したら、そこの岩の周りが綺麗だったよ!ってキラキラした目で教えてくれて、今からお昼ってことなのでお互い楽しんでねと声掛け合ったらお別れです。

では僕らも準備して海に突撃しますかとシュノーケルセット出したら ハルトのシュノーケル折れとるが!ってもう完全に真っ二つ、スーツケースの中で折れたかそもそも去年の時点で折れてたか、とにかくこれじゃあ泳げないからどうしようって言ってたんだけど、ラッキーなことに切れたところを繋いでみたらピタッとはまって水漏れしないし今日のところはこれで行こうってことに。

では4人揃って海に入ったら、ハルトくん1年前より全然泳げるからずっとずっと沖の方まで行けちゃって、聞いてた岩場は早々通過しダイビング船が浮かんでる辺りまで。手前の海には小魚の大群がいたけど沖に行けばでっかいのがいっぱい種類も豊富で大満足。そして浅瀬に行けば・・・

とっても穏やかいい景色!

ハルトくんを気に掛けながら泳いでいたはずが上がったら一番ヘトヘトはケイコさん、2回目行けないくらいに疲労困憊で 甘いのが食べたい~!って子供みたいになってるし。そんな大満足な海から上がったら、帰り道はハルトくんお昼寝タイムに突入してるしタケシさんも睡魔と戦いながら助手席で寝ちゃいけないと頑張ってるし、僕も睡魔と戦いながら運転席で寝ちゃいけないと頑張ってるし、途中でマンゴージュース買っては ヒロユキさんもどうぞ!って寝てるハルトくん以外の3人で飲みながらプキの家へと帰ってきたら、お客さんが到着のんびり過ごしておりました。

そんな本日のお客さんは、1年ぶりのタカヒロさんミドリさんケンタロウくんホノカちゃん。ケンタロウくん手品にはまってるらしく久しぶりの挨拶もなくいきなり披露してくれたら、続いて玄関入ってきた初対面のハルトくんにも自慢の技を披露するも、無理矢理起こされたハルトくん寝ぼけて完全なるノンリアクションに痛々しい空気が漂ってるし。

ひとまず再会におしゃべり楽しんだら僕はそのまま夕飯の準備に取りかかり、その間にみんなはタプーちゃんのお散歩全員揃って行ってらっしゃい。帰ってきたら久々の再会に、そしてプキの家10周年に!ってことで・・・

10年目の乾杯です!

特にイベント的なことをするつもりもなかったので付き合いの長いハルトファミリーは知ってたけどホノカちゃんファミリーは今日が10周年って今僕の一言で知ったくらいだし、それはそれはおめでとうございます!っていやいやありがとうございます。乾杯の後はいただきますしてホノカちゃん妙に丁寧な食べ方するなあって突っ込んだりケンタロウくん美味しいのいっぱい食べたいからご飯いらないとか言ってるし、ハルトくんはお気に入りの一皿をパパの分奪ってママの分奪ってその流れで ヒロユキさんもちょうだい!ってどこまで攻めてくるのかね。

そんなワイワイ賑やかな宴は楽しみにしていたタケシオンステージのその前にハルトくんがダンス踊ってくれることになってるんだけど、本番に弱く 恥ずかしいよぉ・・・って自分で言い出したのに出来なくて、だけど最後はパパも一緒に踊るからって親子仲良く踊ってくれました。そんなプチディナーショー的な宴も一段落、二次会のスタートまずはホノカちゃんファミリーからいただいたお菓子が登場したら、その後僕は厨房からあるものを持ってきて 記念にこれ持ってみんなで写真撮ろう!って。

それは今日買った時に頂いたマンゴーとみんなで収穫したものと、それから10周年に合わせてハルトファミリーが送ってくれた地元岡山名産桃太郎ブドウとモモのセットでございます。

10周年ですプキの家!

というわけでメグミさんが1を、僕が0で10周年ってことなんだけど、メグミさんの隣でホノカちゃんピースしてるから、なんだかプキの家210周年みたいになってますけどお間違いのないように。210周年って僕ら妖怪じゃあるまいしよ!?

本当は昨日届くはずが届かなくて二人して焦りまくってたフルーツセット、もしかして8月31日着って書いた!?とか言ってたんだけど無事1日遅れの島時間。箱を開けたらお手紙か何か入っていて、ではここで開封みんなで見てみると・・・

上手に描けてるね!

音楽流れるカードには家族3人からのお祝いメッセージと共に、ハルトくん作のシーサーとタケシさん作のタプーちゃんが描かれておりました。

せっかくなのでいただきましょうとフルーツカットして戻ってきたら歓声が沸き起こり、宮古島産マンゴーと岡山県産桃太郎ブドウと白桃という究極のコラボにニコニコ笑顔で箸が、いやフォークが止まらない面々です。

昨日も遅くまで起きてたし今日は思いっきり遊んだハルトくんも、早起きしてやって来たホノカちゃん達も、子供達みんなテンション上がりっぱなしで全然寝ないままに日付が変わったら、そろそろ大人の方が限界と楽しい祝いの夜はこれにて終了明日からまた新たな気持ちでスタート切りますか。

楽しく嬉しい祝いの夜でした! 

新しくなりました!

~プキの家を愛する皆さまへ~

長らくお休みしておりました掲示板ですが、ようやく復活して新しくなりましたのでまたドシドシ書き込んじゃってくださいませ。

記念すべき一発目はプキの家のHP作りをしてくれているトシヤくんが、テストも兼ねて僕の変な写真付きで書いてくれてますので続いてみんなもメッセージをどうぞ。

というわけで今回新たに写真も添付できるようにバージョンアップを果たしております。

ではでは今後ともヨロシクです!

震災から一年・・・

2011年3月11日、あの日からもう一年が経ちました。

あの日の僕は今日と同じくキビ畑にいて収穫作業の真っ只中、軽トラのラジオで速報を聞いたあの瞬間を、流れる涙を止めようもなかったあの日を今でも忘れることは出来ません。

プキの家のお客さんは幸いにも地震で命を落とした方はいらっしゃいませんでしたが、避難を余儀なくされた方々がいらっしゃったり、そして地震と原発の影響で今でも不自由で不安な毎日を過ごされている方も多いかと思います。幸いにも被災されなかった方の中にはボランティアで現地を訪れた方、募金をされた方、支援物資を送られた方、得意の三線で義援金を募るチャリティーライブをされた方もいらっしゃいました。

僕らは遠く離れたこの場所からなかなか出来ることもないままに過ごしてきましたが、一年が経った今改めて思うのは、僕らは僕らなりの精一杯をしていくしかないんだということ。それが僕らにとってはプキの家で、縁あって訪れた人達に元気と安らぎと楽しさを、被災された方にも被災地を応援する人達にも精一杯に伝えていくことなんだと思ってます。

みんなみんな全ての人は繋がってるから、遠く離れたこの小さな島からだって、想いを届けることは出来るから・・・

心ひとつに力合わせて乗り越えよう!

新しい一年がはじまりますよ~!

プキの家ファンのみなさま、明けましておめでとうございます!

昨年は震災もあり、またプキの家としてもプキちゃんとの別れがあり、また秘密の計画がついに明るみに出て新プキの家プロジェクトが始動するなど、本当に激動の一年でした。そんな流れのまま新年に突入し、今年は何よりもまず新しいプキの家を無事完成させ、みんなを笑顔で迎えることが出来るように、とにかく全力投球で頑張っていきますのでどうぞこれからもよろしくです。

地鎮祭にて、建築に協力してくれる仲間達と!

Dsc0457211_5

この写真は年賀状にも使ったんだけど、手書きでプキちゃん風のマークを入れてみました。

さてさてそんなプキの家元旦の朝は、ヒロシさんサチエさんが早々とダイビングを諦めたのでのんびりとした朝となり、プキの家元旦恒例の公民館から延々流れ続ける宮古民謡の音色でお目覚めとなりました。そして気になる初日の出は例の如く水平線からは上がらなかったようで、8時を過ぎてようやく窓からの日差しが思いっきり僕の顔に直撃して、なんていうか嬉しいやら眩しいやら。

クミコさんパパさん(シャワー先生)は今日で帰るので荷物をまとめて、準備が出来たら最後にワンコ達を連れて前浜ビーチに行くんだということで、みんな揃ってお外に出たら・・・

新年早々笑顔がいっぱいです!

Dsc050604

お見送りの後は、昨日は足がなかったカブトムシさんも今日はさすがに移動手段が必要ってことでまたバイク借りたら出発したんだけど、ほんの数分で帰ってきたから忘れ物かと思ったら 寒くて無理!って上着を取りに帰ってきて、また気合い入れ直して出発です。そしてこちらヒロシさんとサチエさんは、酔い覚ましも兼ねて街まで歩いて初詣してきますってことでこちらもお出掛けです。

そして夕方それぞれ同じ頃に帰ってきたら、歩きのお二人さんは全然大丈夫だったんだけどバイクのカブトムシさんが もう寒くて寒くて・・・ってプルプル震えてるので温かい紅茶入れてみんな仲良くティータイム。その後はダイビングショップで餅つきをするということでお二人が出掛けたら、ひとり残ったカブトムシさんとおしゃべりしていたんだけど、ワタクシ新年早々やっちゃいました・・・

号泣してるし~!

Dsc013964

だけどひとりだけ泣かせたりするヒロユキさんではございません。僕も隣で一緒に涙流しながら、息できなくて窒息しそうなくらいに大笑いしておりました。

そして日は暮れ餅つきでいい感じに酔っぱらったお二人さんが帰ってきたら、サチエさんが羽織っていたパーカー脱いで自慢げに得意げに今日買ってきたんだというまもる君Tシャツを見せびらかし、バックプリントも気に入ってるの!って言うので、僕とカブトムシさんも隣に並んだら・・・

だから何!?ってスリーショットだね??

Dsc014014

そんなこんなで今夜も楽しく過ごしておりますが、ここで登場今夜のデザートは、カブトムシさんから差し入れのムーチーです。沖縄では月桃の葉でくるんだムーチーを冬場に食べる習慣があるんだけど、いつだったかなあと思ったら旧暦の12月8日、ちょうど今年はそれが元旦に当たったみたい。

なので縁起の良い日に縁起の良いものを、ダブルで感謝しながら・・・

いただきま~す!

Dsc014024

しばらくして明日はダイビングのお二人さんは先に休み、その後は今夜が最後の夜となるカブトムシさんとおしゃべりして、メグミさんが寝ちゃってもまだまだ続き、最後はカブトムシさんの将来について真面目に語り合い、気が付いたら新年早々夜中の2時過ぎまで語っておりました。

プキの家はとりあえず今月いっぱいで一旦終わりとなりますが、最後にプキの家に遊びに来るんだと気合い入ってる方々とラストスパート全力で遊びたいと思っております。

今年がみなさんにとって、素敵で楽しい想い出いっぱいの一年になりますように心から願ってます。そしてプキの家がその想い出のひとつになれたなら、こんなに嬉しいことはありません。

今年もどうぞよろしくです!

プキちゃんバイバイ

最後の夜をプキを真ん中に川の字で過ごし、そしてお別れの朝がやってきました。

宮古島ではペットの葬儀・火葬をしてくれる施設がないので色々調べたり先生に聞いたりして沖縄本島へ飛行機で送り届けてお願いすることになったので、そのための準備をしています。

タオルに包んだプキをそっとケースに入れたらみんなから戴いたオモチャをひとつひとつ言葉をかけながら入れていき、メグミさんが作った介護用の服も、それから天国でもプキちゃんが幸せでいられるように戴いたお守りも、そして皆さんから戴いたお手紙の数々に、それからプキと一緒に三人で撮った写真もメッセージを書いて。まるで眠っているようなプキの顔の周りに摘んできたハイビスカスやブーゲンビレアを飾ったら、プキが大好きだったオリオンビールを小さなボトルに入れて。

その前にボトルのキャップを外したらプキの口元へ。少しだけ口に含ませてあげると今にもペロペロと舌を出してキラキラの瞳で嬉しそうな顔するんじゃないかと思うくらい、顔といい毛艶といい死んじゃったなんて思えなくて、まだ10歳、元々子供っぽい顔だったプキだから老犬なんて感じは全然なくて、病気さえなかったらまだまだ元気に生きられたのに、まだまだずっと一緒にいられたのに。

だけどそろそろ行かなきゃ、最後にタオルを掛けてあげて箱を閉じなきゃだけどどうしてもできなくて、湿った口元に手を当て鼻を撫で頬を撫で目を撫で耳を撫で、プキちゃんカワイイね、プキちゃんありがとね、プキちゃん大好きだよ、プキちゃん、プキちゃん、プキちゃん・・・

Dsc010153

何度も何度もためらって、最後は泣きながら封をしたら、後部座席に乗せ車を走らせます。

慣れ親しんだプキの散歩道を順番にまわり、それから空港へ。車から降ろして預けたらもうそこでお別れだから、最後にもう一回だけ顔見る?って聞いたら泣いちゃうからもういいって。だけど開けてもまた封が出来るようにガムテープ持ってきたよって、それじゃあちょっとだけって。

一度閉じた箱をまた開けて、プキの顔をその目に焼き付けるように、だけどその顔は涙で滲んでそれはもうどうしようもなくて、最後のお別れの言葉は「プキちゃんバイバイ、またね」そう言ってプキとお別れするのでした。

「またね」はいつのことなのかわかりはしないけど、またいつかどこかで逢えるような、そんな気がしてならないのです。

プキは我が家にやって来て、そしてこの島にやって来て幸せだったんだろうか。今となってはそれを聞くこともできないけれど、きっと幸せだったよね。だって僕らはプキのおかげで幸せだったもの。プキがいなければプキの家はなかったし、プキのおかげで出会えたたくさんの仲間、宝物が僕らの周りにいっぱいあるもの。

僕とメグミさんの結婚生活のほとんどを、そして島暮らしの全てを、もちろんプキの家のすべてを一緒に過ごしてきたプキ。周りを笑顔にした分だけ自分たちも笑顔になり、周りを幸せにした分だけ自分たちも幸せを感じられる、そんな暮らしをしてきた僕らだから、僕らよりもっともっとみんなを幸せに、そして笑顔を与えてきたプキだから、きっときっと幸せだったはず。

どうか僕らのことを忘れないで、僕らもプキのこと、いつまでもいつまでも忘れないよ。心はずっと一緒だからね。

プキちゃんバイバイ、またね

プキちゃんを愛する人達へ

5月21日沖縄本島でプキが手術して、それを皆さんに報告してからというもの、今まで本当にたくさんの方々からプキちゃんへの励ましの電話お便りやお守りやプレゼントなどを戴き感謝の気持ちでいっぱいです。あれからこの1ヶ月、本当にいろんなことがあり過ぎて、長かったのか短かったのかも分からないほどの1ヶ月でした。

肺への転移が見つかりしかも手の付けようが無く、そしてお尻の腫瘍を摘出する際もしかして麻酔から醒めないかもと言われた時は本当にショックでショックで、だけどプキちゃんも先生も頑張ってくれて無事手術が終わり、なんとか宮古島に、そしてプキの家に帰って来ることが出来ました。

今回の手術は今まで以上に大きな手術でもあったしプキの体力も落ちてるからしばらくは安静にして、体力が回復したら無理しない程度にはお散歩行って海で泳いで美味しいもの食べて、プキちゃんの好きなことさせてあげてくださいねってお世話になっている二人の先生から言われていたんだけど、何日経っても快復の兆しはなく逆に日に日に弱っていくばかり。そして6月に入った頃、癌が脳に転移している可能性が高いことが判明。そう言われた翌日には夜明け前突然の発作があり、その後はもう階段を転げ落ちるかのように日に日に弱っていくプキに、その都度対応しようとするものの全然追いつかないような毎日が続きました。そして一週間後に出た2度目の発作の後は完全に歩けなくなり、それでもやって来るお客さんをお出迎えしなきゃと思うようで、だけど思うように体は動かないからヒンヒン悲しそうな声を上げ本当に辛そうでかわいそうで、なので体調がいいときはハウスに入ったままお客さんに顔見せにいくと嬉しそうなプキなのでした。

それからは少し無理してでも何度かプキを心配して来てくれたお客さんと一緒に大好きな海まで連れていってあげたりして、だけどそれも数日のこと。あまりに辛そうなプキの姿を見せることもできなくなり、それから数日後ようやくプキの呼吸を楽にしてくれるであろう酸素濃縮機が届きました。これで少しは楽になるだろう、僕もメグミさんもそう思っていたのですが翌日には食事もほとんどとれなくなり声を掛けても反応がなくなってきて、それでも明日先生が来てくれるからね、お薬と点滴持って来てくれるから頑張ろうねって声を掛け、台風迫る6月24日を迎えました。

台風が来ると気圧の関係でプキの体に負担が掛かるから心配だと先生が言っていたとおり、酸素マスクをしていても息は激しくそして浅く最後には水も飲めなくなり、それでも頑張って頑張って頑張って、みんながお出掛けしたタイミングを見計らったように、6月24日午後12時10分、大好きな大好きなプキちゃんは天国へと旅立ってしまいました。

心臓マッサージしても人工呼吸しても息は戻らずプキ、プキ、プキ~って叫んでも反応が返ってこなくて、だけどその顔はとてもとても穏やかで、まだ体も温かくまるで眠っているかのよう。そうか、そうか、プキちゃんいなくなっちゃうんだ・・・そう言ったらプキを真ん中に、メグミさんと二人ポタポタとプキの顔に流れ落ちる涙を止めようもなく泣き崩れるのでした。

だけど最後の瞬間は苦しまずに逝けたのかな、そして最後は僕らとお別れの時間が持てるようにみんながお出掛けするまで頑張ったのかな。だけどこれからプキのいないプキの家になっちゃうから、悲しんでばかりいないで僕らにも頑張れということなのか、しばらくしてお客さんが帰ってきたらそんな顔じゃ出られないだろってメグミさんをプキのもとに残し、涙を拭いていつものように笑顔で迎えいつものようにバカやって笑わせて、どうだったかな、みんなを見送るまで僕らは頑張れたかな。プキちゃんのこと気づかれずに済んだかな。

みんなの笑顔が大好きなプキだったから、せっかくの旅行を悲しみで終わらせたくなかっただろうから、時々お部屋に戻っては冷たくなっていくプキを抱きしめ声を殺して泣いたけど、プキが願ったように最後も笑顔でお見送りできたよ。

夕方先生が来てくれてプキに手を合わせてくれたけど、最後は肺ではなく脳からの指令が行かなくなって呼吸と心臓が止まったんだろうということで、だから苦しまず眠るように穏やかな顔でいられたんだね。思ったほど痩せてもいないし床擦れや傷もないし、プキちゃんはもちろん二人とも頑張ったねって言ってくれて、本当に先生と作業服院長がいなければ今日までプキは生きることが出来なかっただろうし、この島で暮らす中で悔いのないくらいに精一杯のことをしてあげられたのも先生方のおかげです。

お客さんを見送った夜は、プキと一緒に天国に送ってあげようと身の回りのものや大好きなオモチャ、それにたくさんの人達から戴いた何十通ものお手紙やメールや書き込みをコピーして、それを全部読み返しては涙して。

そして今朝は僕がプキの体をきれいに拭いてあげ、メグミさんがプキの大っきらいだった爪切りを。こんなにやりやすい爪切りは初めてだね。

Dsc009753_2

明日の朝には沖縄本島へ運ばなければいけないので、プキちゃんきれいに身支度したら、最後に大好きなこの島を一週ドライブしよう。

台風の影響が残ってまだ波も高く雨が降ったり止んだりの天気だけど、池間島、東平安名崎、そして来間島と周り、最後はよく泳いだ思い出のビーチにやって来たら、ハウスを車から降ろしてプキを真ん中にしばらく海を眺めてます。

Dsc010043

それじゃあそろそろ戻ろうか。

もう泣きっぱなしでコンタクトがぼやけて全然見えないんだけど、最後の夜はまだプキがちっちゃかった頃、奄美大島にいた頃の写真を見ながら涙して、プキちゃんカワイイねって言ってまた涙して、そのまま泣き疲れて眠ってしまうのでした。

プキのことを心配してくれていた方々、プキが元気になるようにと毎日祈ってくれていた方々、プキを元気づけようと会いに来てくれた方々、まだこれから先もプキに会いたいと予約してくれていた人もたくさんいたのに、その気持ちに応えることが出来ず本当にごめんなさい。だけどプキは最後まで本当に頑張ってくれました。最後の最後までプキの家の主として、みんなを迎えようとしていました。

とにかくプキは本当にこれ以上ないくらいに幸せ者でした。そしてそれと同じだけ周りの人たちを幸せにしてきたんだなと思います。

プキちゃんありがとう。そしてプキを愛するすべての人達へ、今まで本当にありがとう。